自分の世界に入った娘には敵わないという話

こんばんは、suzucaです。

子供達がなぜかテンション高く、なかなか寝てくれそうにないので、ちょっと怖いことしてやろう、、と思ったんですが…

うーん。自分の世界に入った娘には敵わなかった…という話。

静かにしなさいと言っても騒ぎまくる息子と娘。

娘なんて自分の世界に入ってしまってて、意味不明。

息子に向かって、

「ねぇ、あなた?わたし、人間になるわね?」

「わたし、はぁ…なんてことなの…」

「うふふ♡今から結婚しゅるわね♡」

「おーい♡ブレイドー♡(仮面ライダーのね)

とか色々なんかもうすごい。

なので私はそっとベランダに出て、ドンドンドン!っと窓を叩いたわけです。

そしたら息子の顔は引きつっています。やばい、お化けきた、みたいな。

これで娘もおとなしくなるかな?と思ったけど…

「あら♡お化けしゃんが来たわ♡はーい、どうじょー♡」

とか言ってて。

そしたら私もなんか「あ、おばけです…」とか返事をしてしまったから大変です。

お化けさんへのおもてなしが始まり謎のおままごとスタート。

自分の世界に入った娘には敵いまへん…

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

コメントを残す