娘の様子がおかしいと笑っていたけど私の可愛い黒歴史と似たような感じだった話

近頃娘の様子がおかしくて心配してるsuzucaです。

様子がおかしいというのがですね、どうも自分の世界に入り込みすぎて、なんかこう、大丈夫かなこの子wwってなる様な感じで。笑


自分の事をマーニーだと言い張る

ジブリの、思い出のマーニーってあるじゃないですか。
あれを見てから、どうも自分のことをマーニーだと思い込んでいる様です。

マーニー、ドレスみたいなワンピース着てますよね。

「わたしはっ!マーニーよ!マーニーの服着る!」

と言って、今まで着ていた服を一切着てくれなくなり、これなら着る!という服はもちろんマーニーが着てるようなワンピース。

そのワンピースを何日間も着る。他のを着てと頼むと発狂号泣手がつけられない。


怪しい独り言が増えた

自分はマーニーだと言い張るようになって、ボソボソと独り言が増えました。

よーく聞いてみると、

私は…私はっ!マーニーよ!ごにょごにょ(聞き取れない)…私はっ!

って、とにかく私私ずっと言ってる。(今まで私とか言った事なかった)


ママを認識できなくなる

私を見て「あんな♡」と言い出しました。マーニーのお友達ですね。
まあ、私はショートヘア。あんなもショートヘア。いやそういう事じゃないよねww

「ねえっ!あんな♡私とあしょびましょ♡」

と、言ってくるので

「ママ、あんなやないし笑」

って返事をすると

「あんな!あんな!ママはあんな!私はっ私はっマーニーよ!!!!」

と、叱られます


突然何かに怯えだす

多分これは、マーニーがさいろで雷に怯えてるシーンの真似なんですけどね…

「きゃっ!!!!私…私…っ!!!!」

って、怯えだすんだよね。そんな娘見てママが怯えるわ。


色々言ってますけど、あれれ悲しいかな私とそっくり

そんな娘の話を母としていたら言われました。

「あんたそっくり」

そっくり?私が?まじで?

色々思い出話するうちに記憶が蘇ってきました。私もなかなか頭がおかしい子供でした。


かわぐちさくらちゃんという人になりきる

母の話によると、

「お母さん!ちょっとお外行くけん!」

と言って玄関を飛び出て30秒ほどすると、必ずインターホンが鳴ったそうです。

そして、インターホンを鳴らした人は言うのです

「あの〜…かわぐちさくらといいますけど、すずかちゃん居ますか??」

はい、声の主はすずかちゃん、私です。


これね母と話してると結構思い出してきて。

さくらちゃんて名前に憧れて、当時の名字にカワが付いてたから文字ってかわぐちさくらだったの。これ娘のマーニーと変わらんやん…


女スパイに憧れてパンツのゴムを伸ばす

なんかの映画でね、確か女スパイの人がね、ほらなんかあるやん、ガードルみたいなの履いて、そこにピストル差し込んでるの!

あれに憧れてからは毎日スカートを履きました。

そして、パンツのゴムを活用して、そこにエアガンを差し込むのです。(小さい子が履くゴムのやつね)

そして放課後、一人で家の周りをコソコソと必要以上に低姿勢で走り抜け、スカートをそっとめくり、ゴムのパンツ丸出しにしてエアガンを取り出し、かまえる!!!

頭おかしい


可愛いと思った寝息を母にバシッと拒否られる

当時好きだったアニメのキャラクターの寝息が可愛かったんです。なんかほら、すぅ、すぅ…みたいな。

この寝方してこの寝息くそ可愛くね?と思った私は、お母さんにくっついて寝て、寝たふりをしつつ、その寝息を真似ました。

すると母がこちらに体を向けた!!

ふっふっふ、あんたの娘、くっそかわいいやろ

と、内心私ニヤニヤです。

頭でも撫でられるかな?と、思った時、母は言いました。

「どしたん?苦しいん?狸寝入りしとる?うるさいんやけど」

私はこの時、恥ずかしさのあまり嘘をつきました

「うん…ちょっとなんか息が苦しかった」

この時の恥ずかしさ、今でもよく覚えてる、当時の私に言いたい、はよ寝ろ。


***

娘の事笑ってたはずか、母と話しているともう書ききれないほど、自分の可愛い黒歴史が出てきました。

娘は、しっかりと私のDNAを引き継いでいるようです。

だとするとこれから娘の思い込みは重症化していくに違いないので、そっと見守るか、一緒になって何かになり切ろうかと思います。

これからも仲良くしようね。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

“娘の様子がおかしいと笑っていたけど私の可愛い黒歴史と似たような感じだった話”へのコメント

コメントを残す