断乳についてまとめてみた①

suzucaです。周りのママさんで、断乳するかしないか、したいけどどうしていいかわからないなど聞く事があります。

私は子供二人とも、おっぱいをやめる時は卒乳ではなく断乳でした。なので、私の経験からになりますが、断乳について書いてみようと思います。参考になればうれしいです!
長くなりそうなので、記事を二つにわけて書きます。

断乳とは

断乳とは、子供の意志に関係なく、こちらから授乳することをやめる事です。
それとは逆に、子ども自身が「もうおっぱいいらないよ」となったタイミングで授乳をやめるのが卒乳です。

断乳する時のポイント

断乳すると決めたらそれを通す事

断乳する時、これが一番大切な気がします。
正直、断乳するのってすごく大変です。かなり泣きます。うちの子どもも、それはそれは泣いていました。

泣いておっぱいを欲しがっている姿を見るとかわいそうにもなるし、こちらもしんどくなってきて、ついついおっぱいをあげてしまいたくなります。
でも断乳するなら、途中でおっぱいをあげる事はしない方がいいです。

再開したり中断したりしていると、子どもは「え!?さっきやっとおっぱいくれたのに、なんでまたくれないの!?」となってしまいます。あげたりあげなかったりを何度も繰り返す方が、子どもは可哀想です。

なので、一発でやめさせた方がいいです。

 搾乳しすぎない

飲ませないという事は当然おっぱいは張ります。母乳の出が良い人であれば、すごく張ると思う。長時間授乳しないと、すごく張って痛い!おっぱいがカチカチになります。だけどここで搾乳しすぎてはいけません

搾乳しすぎると、また母乳は作られての繰り返しになり、張るのも痛いのも続きます。

ちょっとしんどいですが、どうしても我慢できない時にほんの少し(私は助産師さんにちょこ一杯分くらいにした方がいいと言われました)の搾乳で我慢するように。痛い時は保冷剤で冷やすなどして乗り切りましょう!

後からちゃんとおっぱいマッサージに行く

上にも書いた通り、母乳がたまってしまうので、おっぱいマッサージ行った方がいいです。これは産婦人科などで受けられます。おっぱい外来や授乳外来など名前は様々です。

マッサージに行くタイミングは人それぞれですが、私は断乳二日目に行きました。もうおっぱいが張って痛くで我慢できなかったので(>_<)

たまった母乳を素人がだそうと思っても、きれいに絞り切れません。プロに任せましょう。これしてもらうとかなり楽になります!

私の時は、初診を受けたあとは一週間後、そのまた二週間後と三回行って終わりました。(二人目の時はおっぱいの出方が一人目の時に比べて弱かったので二回で終わった)

「おっぱいもうないね」「おっぱいバイバイね」などの声掛けをする

小さい子に声掛けしてもわからないのではと私も思っていましたが、少しずつ理解してくれます。そしてなにより、そういう声かけをしてると、ママ自身の気持ちが落ち着くと思います。

目の前で泣き続ける子どもとつきっきりは、結構しんどいです。ママだって大変なのにそんなに泣かないで!の、気持ちでいっぱいになってしまったりします。そんな時に、こういった優しい声掛けをする事で、ママ自身の気持ちも穏やかになったります。

「なんだこのおっぱい!」とびっくりさせる①

断乳を決めたら、もうおっぱいは見せない方がいいのですが「おっぱいはもうないんだよ」とわかってもらうために、へのへのもへじなどの絵を描いたおっぱいを見せるのはアリです。

これは有名な助産師さんが前にTVで言ってたんですが、この絵をかけばほとんどの子が「なんだこれ!」「おっぱいいらない」ってなるそうです。

私はこれ最初知らなくて二人目の断乳の時に試してみたんですが、効果抜群!!
目が書かれたおっぱいを見て「・・・」ってなった娘は、私の服をまくり上げるのをやめて、そっとおっぱいをしまいました。笑

「なんだこのおっぱい!」とびっくりさせる②

今書いたような絵を描いてみる他に、乳首に絆創膏を貼っておいてから見せて「もうおっぱいないね」と声掛けしてあげたりも良いみたいです。

ママ以外の人に抱いてもらう

ママはおっぱいの匂いがしてるらしく、子どもはその匂いで甘えて泣いたりするようです。
なので、パパでも、じいじばあばでもいいです。泣き止まない時に、ママ以外の人に抱いてもらうといいらしい。

あと、おっぱいが張ってかなり痛いので、抱っこしてるとおっぱいにあたって痛いです。この事もあるので、協力してもらえそうなら、お願いするといいと思います!

断乳についてまとめてみた②に続きます

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ