大分県が、子育て満足度日本一を目指しちょるっち知っちょった?

大分県が、子育て満足度日本一を目指してるの、知ってましたか?
大分で子育てしてるのに、最近まで私は知りませんでした。

どんな取り組みがされているのか見てみたんですが、え!こんな事してたの!?こんなサービスあったの!?と、驚きました。知らないと損だ。

大分県のホームページにはこう書かれてあります。

大分県では、「子育て満足度日本一」を目標に掲げ、子育て中の方に「地域全体が見守り、支えてくれている」と実感してもらうとともに、「子ども自身の健やかな育ち」を支援する取組を市町村と協力して進めています。

引用元:http://www.pref.oita.jp/site/kosodatenotane2/

大分県、こんなことしてたんだぁと嬉しかったです。
全て書くと長くなるので、気になったのを3つ書いてみます。

いつでも子育てほっとライン

これ、CMとかラジオで聞いて存在は知っていたんですが、大分県が平成22年4月1日から設置したものなんですね。

24時間365日電話を受け付けています。フリーダイアルです。

利用者は母親だけでなく、父親や祖父祖母、子育てに携わるいろんな方が利用しているそうです。「インターネットで見て…」と、他県から利用した人もいるようですよ!

いつでも子育てほっとラインは、専門の係員が子育てをする中で出てくる悩みを聞いてくれるサービスです。

実際にある相談内容は本当に様々で、

・離乳食の事
・生活リズムの事
・子どものイヤイヤ期について
・逆におとなしすぎて心配

などなど…とにかく話を聞いてほしい!という方でも大丈夫。
(実際の相談内容は、大分県のサイトから見る事ができます。ここに載ってるファイルを開くと詳しく見れます)

相談内容によっては、適切な相談機関への誘導もしてくれます。

一度の電話で解決するわけではないので、育児に対する不安が生じたとき、その都度その都度電話をかける人もい
るそうです。

育児の悩みを持ったまま孤立してしまうと、絶対にいいい方向にいかないと思う。でも育児の悩みってなかなか言えなかったりしますよね。なんかふさぎ込んでしまうというか。自分がダメな母親に思えたり、相談したいけどそういう話しができる人がいなかったり。

第三者にだと話せる事もあったり、そういう立場の人からの言葉だと素直に聞ける事もあるので、一人で何か抱えてる人はこういうサービスを利用していいと思います。

実際に年々相談件数は増加傾向にあるようで、平成25年には三千件を超える電話が寄せられています。

おおいた子育てほっとクーポン

様々な子育て支援サービスに使えるクーポンの配布が開始されたようです。

これは全員というわけではなく、対象となる年齢の子どもが家庭にいる場合いに使えるものです。クーポンは二種類あります。

☆おおいた子育てほっとクーポン
・対象
平成27年4月1日以降に出産したお子さんのいる家庭
・有効期限
三歳の誕生日の前日

☆おおいた子育てほっとクーポン+プラス(27年度限定発行)
・対象
平成27年5月1日時点で、県内に在住する未就学のお子さん(平成21年4月2日~平成27年3月31日までに産まれたお子さん)のいる家庭
・有効期限
平成30年3月31日

二種類共通で使える機関があり、

☆一時保育や病児保育などの保育、育児支援

☆インフルエンザの予防接種などの保健

☆その他格市町村独自のサービス

で、使用できるようになっています。
詳しくは大分県のホームページのここにある、おおいた子育てほっとクーポンの所を見てみてください!ファイルを開くと詳しく見れます。

ファミリーサポートセンター

これは、

援助を依頼する人
依頼される人

が、会員になり、会員同士が時間料金で援助しあうサービスです。
(依頼を受ける側の会員は、市が指定する講習を受講している方になります。)

ちょっとした事で利用できて、一時間の料金も600円~700円と、利用しやすい金額になっています。

保育園や幼稚園の送迎、病院や買い物に行く間の預かりなど、

「こんな時誰かみてくれる人がいたらな…」

という、ちょっとした事で利用でき、平成24年で依頼数は1000件を超えています。

連絡先一覧はここに載っています。

私は旦那が朝から夜中まで仕事で家に居ない環境で、実家も近くにありませんし、車の免許も一人目の子どもが1歳になってからとりました。

なのでまだ子どもが小さかった時は買い物も自分の病院も、それはそれは一苦労でした。そんな時に気軽に利用できたら助かるし嬉しいですよね!
自分の病院に行けなかったの、ほんと辛かったもんな…

他にいろんな事があるので、大分県のホームページを見てみてくださいね!

子育てのタネ〜子育て支援情報のページ〜

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ