今日の事と思った事(独り言)

今日、じいちゃんばあちゃんちに行ってきました。

ばあちゃんにミシンの使い方を教わって、娘にワンピースを作ったりしました。

そして、教えてもらってる時、ふとばあちゃんの手を見た。ばあちゃんの手、こんなに細かったっけ、昔は少し太ってて、ばあちゃん何キロ?ってからかってたのになぁ。あと、こんなにシワがあったっけ…と思いました。

そのあと、息子と娘は虫とりする!と張り切って、網を持って走り回る。
何故かふたりとも手ぬぐいを頭に巻いてる。笑

とんぼを捕まえたけど、いざとんぼを目の前にすると「こわいいいい」と。笑

私も虫が苦手なので、じいちゃんに来てもらってとんぼを逃がしてもらいました。

その時ふと、20年前、わたしが息子の歳だったとき。じいちゃんとセミとりしてたなぁ。じいちゃん、私と一緒に走ったりしてたなぁって。

親は、老けたなぁとか、思うんです。
白髪なかったのに出てきたとか、シワが増えたとか色々。孫もできたし、じいちゃんばあちゃんになったなぁとか。

でもじいちゃんばあちゃんって、私が小さなときからずーっと、じいちゃんばあちゃん。二人の若いときを見てないせいかなぁ。

もう、走れないじいちゃん。元気なんだけどね、それでも、もう走ったりはできない。
20年前は、一緒に走ったり、山登ったりしてたけど、もうそれもできない。

私が小さかった頃、じいちゃんばあちゃんとこんな事して遊んでたなとか思い出してると、なんだろう。悲しいとか寂しいとかの感情とはまた違う感じだったけど、それでもなんか涙がじわっとなりました。

ほんとに、人は老いていくんだなぁ。私が、じいちゃんばあちゃん達の年齢になった時、もうじいちゃんばあちゃんは、居ないんだって思うと、今度は急に寂しくてたまらなくなった。

じいちゃんばあちゃんは、いつまでも私のじいちゃんばあちゃんとして、そばに居てくれるような感覚でした。

人は絶対老いていくんだと、なんか改めて思いました。当たり前の事だけど。

老いていって、出来なくなる事が増えていく事に対して悲観的にもなりそうだけど、そうじゃなくて、沢山思い出の詰まったばあちゃんになりたいな。

前は、シワができるとかやだ…って思ってたけど、笑いジワたくさんのばあちゃんになりたいな。

私の大好きな、じいちゃんばあちゃんみたいになりたいなって思いました。

そしていつか孫ができたら、ばあちゃん昔はこんな事して遊んでくれてたよねって言われるくらい、孫とたくさん遊びたいな。(もちろん我が子たちともだけど!)

シワシワになって、走れなくなって、ちょっと物忘れが多くなった私を見て、

ばあちゃん、大好き

って思われるばあちゃんになりたいなぁ。

そんで私も、鏡にうつった自分を見てため息をつくんじゃなくて「目が悪くなったけんよく見えん!」って、笑うくらいのばあちゃんになりたいなぁ。

全然言葉にできない気持ち、今も何書いてるのかわかんない、涙が出てきてる。笑

なんだろうなぁ、なんか、変な気持ちになっちゃった一日だったな。でも、なんか改めて、じいちゃんばあちゃんが大好きだって、思ったな。

もう、じいちゃんと走り回って虫とりしたりはできないけど。ばあちゃん体重何キロ?って、からかうこともないけど。

でもやっぱり、私の中でじいちゃんばあちゃんは、あの時のじいちゃんばあちゃんのままなんだぁ。

じいちゃん、ばあちゃん、長生きしてね。

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ