ニキビ跡にも種類がある!原因とケア方法

すずかです♪

ニキビも悩むけど、その後のニキビ跡で悩んでる方も多いですよね( ;o; )

ニキビにも種類がありますが、ニキビ跡にも種類があって、またケアも異なってきます!

ニキビ跡の種類と原因

ニキビ跡は大きく分けて、

・赤みのあるニキビ跡
・茶色っぽくなるニキビ跡
・凸凹なったニキビ跡

この3つがあって、それぞれ原因も異なります!

【赤みのあるニキビ跡】
ニキビの痛みや芯はなくなったけど、赤く跡が残っているタイプです。
赤みのあるニキビ跡の原因は、ニキビ表面の炎症は治まったけど、皮膚の中に広がった炎症がまだ残っていたり、ニキビができた時にうっ血が起き赤みになったものが残っていたりします。

【茶色っぽいニキビ跡】
これは、シミができるのと同じで、ターンオーバーが正常に行われず炎症の跡が色素沈着して、お肌に残っている状態です。

【凸凹なったニキビ跡】
クレーターとも呼ばれるもので、お肌の表面がニキビが治った後に、肌の表面が凸凹なってしまった状態です。
これはニキビができた時にに炎症などで皮膚組織が破壊されてしまって残る跡です。

それぞれのニキビ跡のケア方法

【赤みのあるニキビ跡のケア】
このニキビ跡は、自然と治ることも十分にあります!でもすぐに治るわけではなくて、時間はかかります(>_<)

なぜかというと、ニキビ跡の改善には正常なターンオーバーが必要になってくるからです!

約28日間かけて、お肌はターンオーバーを繰り返していきます。これを数回繰り返していくうちにキレイになっていくので、やはりキレイに治るまでには数ヶ月かかるし、ターンオーバーが正常でない場合はもっとかかる場合もあります(>_<)

なので、まずはターンオーバーの促進のケアをしていくと良いと思います(^o^)!

そのためにピーリング効果のある化粧品を取り入れるのもオススメです♪
ただ、まだ芯があったり痛みもある、ニキビの状態の時は刺激しない方がいいのでやめておきましょう(>_<)!

生活面でも睡眠や適度な運動、食事なども気をつけることが大切です!

食事では、たんぱく質をきちんと摂るようにしたり、ビタミン、ミネラルも摂ることを意識すると良いです!

【茶色っぽくなったニキビ跡】
これは原因にも書いたように、シミと同じようになっている色素沈着タイプのニキビ跡です!

なのでこれも、メラニンを排出するためにターンオーバーの促進に気をつけてあげるといいと思います(^o^)

美白化粧品などを取り入れてみるのもオススメです!

シミだけでなく他のお肌の悩みにも言えることですが、気にしすぎるとそれがストレスになってまた良くないので、ゆっくり時間をかけて改善していく!という気持ちを持つことも大切だと思います!><

【凸凹なったニキビ跡】
原因にも書いた通り、皮膚組織が破壊されてしまった状態なので、他のニキビ跡のように自然治癒はなかなか難しいようです(>_<)

皮膚科での治療でも、完全には治らないことが多いようです。

でも、凸凹を消すことはできなくても、目立たなくするためにできることはあります!

お肌の弾力がなくなってしまうとハリがない状態なので毛穴も目立ってしまいますよね。なので、お肌のハリを保つ事が大切です!
コラーゲンが配合されたものや、コラーゲンの生成を促してくれるビタミンC誘導体が配合されているものを使ったりすると良いと思います!

お肌状態に合ったケアで少しずつ改善

ニキビ跡ができた!で色々しなくても、赤みのあるニキビ跡のように、自然と改善されていくのもあれば、そのうち治るかな〜?より、それに合ったものを使った方がいいものもあります^_^!

自己判断のお手伝いになれば嬉しいです♪自己判断では分かりにくいときは皮膚科も頼りましょう!

読んでくれてありがとうございました♪

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ