同じニキビでも別物?大人ニキビと思春期ニキビ

すずかです(o^^o)

大人ニキビで悩む方の中で、

ニキビケアをしてるのに治らない!

10代の頃はニキビと無縁だったのに…

自分は乾燥肌だし、このニキビはきっと一時的なものかな?

という方、結構多いです。
私自身もニキビとは無縁の10代で、20代になってから悩むようになりました。

無縁だったし、ニキビと言えばオイリー肌っていうイメージもあったりで、乾燥肌の私はなんとなく自分のニキビのケアをしにくくて。

でも、大人ニキビと思春期ニキビの違いを知ってからはケアしやすくなりました!

と、いうことで、大人ニキビのケアをしっかりするために、思春期ニキビとの違いを書いていきます(o^^o)

思春期ニキビ

名前の通り思春期にできるニキビ。
10代の成長期などにできやすく、ホルモンの関係で起こる過剰な皮脂分泌が原因だと言われています。
過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まり、アクネ菌が繁殖しやすくなり、結果ニキビもできやすくなるのです。

夏場の皮脂が出やすい時期にも思春期ニキビはできやすいです。

思春期ニキビは、皮脂の出やすいTゾーンや頬などに多くできる傾向があるのも一つの特徴です。

しかし、思春期が終わると自然とニキビも治まってくるケースが多く、一過性のニキビと言えます。

ケアとしてはまず最初に洗顔をしっかりしてあげること。お肌に汚れがついたままだとニキビは当たり前に悪化します。

ニキビ用の洗顔では、抗炎症効果のある成分や、アクネ菌の繁殖を防ぐ成分が配合されたものもあるので、そういった物を使うのもオススメです!

思春期ニキビ向けのスキンケアなどもあるので、そういったものを使うのも良いです。

大人ニキビ

思春期ニキビとは違い、原因は様々です。
ストレスや睡眠不足、不規則な食生活、ホルモンの関係、化粧品、飲酒、喫煙などなど…

大きく言うと、心と体のバランスの乱れが原因になります。

過剰な皮脂分泌が原因の思春期ニキビとは異なり、大人ニキビは乾燥やターンオーバーの乱れなどもニキビができる原因になになります。

そのため、大人ニキビは乾燥しやすいUゾーンにできる人も多いです。

乾燥などでお肌のバリア機能が低下してしまったり、ターンオーバーの乱れから角質が厚くなり、そこに皮脂が詰まりニキビになります。

角質が厚くなる原因としては、紫外線の影響もあります。紫外線からお肌を守ろうとした結果、角質が厚くなってしまうのです。
そのまま秋冬を迎えるため、大人ニキビは乾燥しやすい秋冬にもできやすい傾向があります。

これからの時期のためにも、夏場にお肌の対策をしっかりしてあげる事も大切です。

大人ニキビは一過性の思春期ニキビと違い、繰り返しできることも一つの特徴です。

原因を一つに絞れない大人ニキビ。
なので大人ニキビのケアのは、まず大人ニキビができる様々な原因から、自分がどの原因で大人ニキビで悩んでいるのかを見極めることが大切になってきます。

同じニキビでも全く異なるもの

比べてみたらわかるように、ニキビが出来る原因、できやすい季節、ニキビができやすい部分など、大人ニキビと思春期ニキビではいろいろと違います。

つまり大人ニキビができて、思春期ニキビと同じケアをしていても改善されないんですね(>_<) 次の記事で、大人ニキビのケアについて書いていこうと思います(o^^o)

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

“同じニキビでも別物?大人ニキビと思春期ニキビ”へのコメント

Comments are closed.