保湿成分の種類と水分保持力

すずかです(o^^o)

乾燥が気になる季節になったので、保湿力の高い化粧品に切り替えたりした方も居ると思いますが、保湿成分も色々あります!

なので、代表的な保湿成分を、タイプと水分保持力別で少し詳しく書いていきます!

この本を参考にしてるよ♪

水分をはさみこむタイプ

水分保持力★★★
水をサンドイッチ状に挟み込みキープする性質がある。

・セラミド
湿度が下がっても水分をしっかりキープしてくれる、最強の保湿成分!細胞間脂質の約40%を占めているのがセラミドです。化粧品で補うことができるからぜひ!

・スフィンゴ酸(スフィンゴリピッド)
セラミドより保湿力は弱いけど、こちらも細胞間脂質。

・水素添加大豆レシチン
大豆から抽出される成分

・ステアリン酸コレステロール
こちらもセラミドより保湿力は弱いけど、細胞間脂質。

水分を抱え込むタイプ

水分保持力★★☆
真皮に元々ある成分などがよく使われるが、肌に使っても真皮まで吸収される事はなく角質内保湿として働いて、湿度が下がっても水分を抱え込みキープしてくれる。

・ヒアルロン酸
真皮にあるゼリー状の物質。敏感肌の人にもおすすめな成分で、200~600倍の水分を蓄える力があります。

・コラーゲン
真皮では弾力を保つ働きを持つコラーゲンですが、化粧品として配合される場合は保湿成分となります。こちら真皮にまでは吸収されないようです。

・エラスチン
こちらも真皮にある物質で、保湿力が高いので化粧品に配合されることもあるようです。

・ヘパリン類似物質
医薬品にも使われている成分です。血液中のヘパリンという成分に水分含有力があることから、類似の成分を保湿成分として応用したもの。

水分をつかむタイプ

水分保持力★☆☆
水分を吸湿する性質はあるが、冬場など湿度が低いと保湿力が下がってしまう。
・天然保湿因子
保湿力は強くないけれどサラッとしていて使用感が良いため、化粧水によく配合されているようです。角質細胞内にある水溶性の成分です。

・PG(プロピレングリコール)、グリセリン、1.3BG(ブチレングリコール)
多値アルコール。吸湿性に優れているのでよく化粧品に使われています。

お肌に必要な成分を♪

自分のお肌に必要な成分や使用感など、色々好みに合わせる時の、ちょっとした参考になれば嬉しいです♪

読んでくれてありがとうございました(o^^o)

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ