コントロールカラーで理想のお肌に♪カラーの選び方

すずかです♪

今回はコントロールカラーの選び方について(o^^o)

コントロールカラーとは

簡単に言うと肌の色を補正するアイテムです!化粧下地だけではカバーできない部分を、ファンデーションの前に、お肌の悩みに合った色のコントロールカラーで補正してあげて、より綺麗な理想のお肌に近づけます♪

コントロールカラーの選び方

では、色別にどんなお肌にしてくれるのかを書いていきますね(o^^o)

《ピンク》
顔色を良く見せたい時に。
顔色がさえない時に使うと、自然な血色を与えてくれます。色が合わないファンデに混ぜると馴染みがよくなる場合も。

《イエロー》
くすみや赤みなどの、肌の色ムラが気になる時に。
肌の色が均一になるのでファンデの発色も良くなります。肌荒れなどの色ムラに使うといいです!黄みをださずにくすみを解消したい場合はパープルがおすすめ。

《グリーン》
赤みをカバーしたい時に。
頬や小鼻、ニキビの強い赤みに効果的。全体に使うと白くなりすぎて顔色が悪くなるので、そういった気になる部分をポイントに、薄くばして使うと良いです!

《ブルー》
透明感を出したい時に。
元々お肌が白い人が使うと顔色が悪く見える場合かあるので、部分的に使ったり、少し血色が良くなるパープルを代わりに使うのも良いです!

《パープル》
こちらも透明感を出したい時に。
お顔全体に使う場合は、つけすぎると顔色が悪くなるので薄く少しずつがポイント。

《オレンジ》
目の下のクマをカバーしたい時にラブラブ
オレンジでその部分の血色をよく見せ、クマを目立たなくする効果があります!

《パールホワイト》
ツヤ、メリハリを出したい時にラブラブ
CゾーンやTゾーンに使えばハイライト効果にも。マットなファンデーションと混ぜて使用すると、ツヤ感のあるファンデに!

使い方のポイント

化粧下地にプラスするアイテムなので、コントロールカラーは塗りすぎず、ポイントで使うと良いです♪

下地とコントロールカラーの段階でお肌を綺麗にしてあげれば、ファンデも少量で済むので厚塗りにもならないです(o^^o)

読んでくれてありがとうございました♪

にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ